アポキル・ステロイドの怖さ

あなたの愛犬がしきりと痒がって、皮膚病みたい。
動物病院へ行くと、「すぐにかゆみが治まりますよ」といってお薬をくれるでしょう。
お薬を飲むと嘘のように、痒みがなくなり、アレルギー・アトピーが治ったかのように思えます。
でも、お薬を飲み終わって2、3日もたつと、また同じ痒みが再発。そのたびに病院で「かゆみ止め」のお薬をもらってというコトの繰り返し。
そのうち薬の効き目が悪くなり、少しずつかゆみ止めの量が増えていく。こんな経験を皆さんしていると思います。

このかゆみ止めの正体は、
「アポキル」「ステロイド」です。

このかゆみ止めの正体は、
「アポキル」「ステロイド」です。

アポキルは、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤と呼ばれるお薬で、痒みのシグナルだけを遮断して、一時的に「痒みを感じさせないように麻痺させる」お薬です。
一方、ステロイドは、糖質コルチコイドと呼ばれるお薬で、どんな原因であれ炎症を抑える効果が強く、この効果よって、皮膚炎を取り除き、痒みをなくすお薬です。
アポキルもステロイドも、決して根本原因を取り除いて「アレルギー・アトピーを根治させるお薬」ではありません。
あくまでも一時的に「痒みや皮膚炎」を抑えるだけであってお薬をやめれば、必ず以前の痒み、以前の皮膚炎が再発します。


アポキルもステロイドも
生死に関わる副作用があります

アポキルもステロイドも
生死に関わる副作用があります

もともと、これらのお薬は、痒みを止めるだけのその場しのぎの一時的な治療なので、結局はアレルギー・アトピーなどの皮膚病は治らずに悪化していくだけだからです。
そして、「アポキル」も「ステロイド」も、薬は生死にかかわる副作用を持っています。
アポキルには、免疫抑制作用つまり、体を守る免疫細胞を働かせないようにする副作用があります。癌は体内では、毎日目には見えない小さな(細胞レベルの)ガンができています。
通常、このような小さな癌は大きくなる前に、免疫細胞が食べてしまい大事には至りません。

でも、アポキルは免疫細胞を働かせないようにする作用があるため、小さなうちに食べることができず、大きくさせてしまいます。特に、悪性の腫瘍でよく見られる副作用です。
その他には、免疫抑制作用により、肺炎を起こさせ、重症化させたり、肝機能障害を起こさせたりする副作用があります。

ステロイドには、1~2ヶ月も使い続けると肝臓に負担がかかり ステロイド性肝炎という症状が起こります。肝臓は炭水化物や糖の貯蔵庫という大事な役目を 担っていますから、その肝臓が働かなくなると、 イヌは食欲がなくなり、元気がなくなります。 糖尿病にもなりやすくなります。
さらに使い続けると、クッシング病という病気が起こります。ステロイドの作用によって体内のホルモンバランスが崩れ、ホルモンバランスの崩れが全身のトラブルをひき起こし、毛や皮膚が薄くなり、お腹が太鼓腹になり、最終的には心臓が止まります。


その場しのぎのお薬は、長期間使わない

その場しのぎのお薬は、長期間使わない

「アポキル・ステロイドは悪い ! 」、だから「絶対に使ってはいけない ! 」とは思いません。
夜も寝れないような激しいかゆみには、これらのお薬は最も効果的ですばらしいお薬だと思います。
肝心なのは、これらのお薬は長期連用すれば、必ず副作用が出るということを知っておくことです。
アレルギー・アトピーは原因をしっかりと把握し、その根本的な原因を取り除けば、かならず治ります。

一時的な痒みを取り除く治療ばかり続けて、本当は治る可能性があった体質であったのに、 その可能性をつぶしてしまうのは、もったいないような気がします。

今からでも遅くありません。
一緒にアレルギー・アトピーを克服していきましょう。

スーパードクター動画はこちら