アレルギー・アトピーのための
シャンプー療法

大事なことは、「クレンジング」や「除菌シャンプー」を使ってしっかりと『皮膚炎症誘発物質』取り除くこと。
そして、傷ついた地肌を回復させるために「入浴シャンプー」や「皮脂膜水」、「保湿オイル」、「肌保護パウダー」を使って、
傷ついた地肌を保護して回復させてあげること。

【ベタベタ肌】
酸性肌アレルギーについて

『皮膚炎症誘発物質』を
しっかり洗い流すことが重要

『皮膚炎症誘発物質』は悪玉脂肪酸

細菌やウイルスなどの病原菌や毒素となる物質の侵入を防ぐ『ムチンの層』が壊れ、溶けて薄くなり、最終的には所々穴が開いた状態になると『皮膚炎症誘発物質』の1つである『遊離脂肪酸』が血管の中に入り、血液を介して地肌へと運ばれてしまいます。

遊離脂肪酸がベタベタ肌(酸性肌)アレルギーの原因

地肌へ運ばれてきた『遊離脂肪酸』は、地肌に炎症を起こさせ、アレルギー・アトピーを引き起こします。このタイプのアレルギーは、遊離脂肪酸が過剰に地肌に存在するので、毛が寝てしまうぐらい肌はベタベタし、油臭い体臭をプンプンさせているのが特徴です。

ベタベタ肌(酸性肌)の症状

  • 首下・脇・内股、足裏に赤味や痒みの症状が見られる
  • 触るとベタベタする
  • 指で擦ると独特のくさい臭いがする

起こしやすい犬種

アメリカン・コッカー、ウエスティー、コーギー、ゴールデンレトリバー、キャバリア、ビーグル、ブルテリア、パグ、ペキニーズ、シーズー、ブルドック、ラブラドールレトリバー などによく見られます。


ベタベタ肌のシャンプー療法

最も重要なシャンプー療法は、このアレルギーを起こしている『皮膚炎症誘発物質』である
「遊離脂肪酸」をきれいに洗い流すこと。

STEP1クレンジング

クレンジングオイルで酸化皮脂を落とす

原因物質である『遊離脂肪酸』を洗い落とすために「クレンジング」を使います。 「クレンジング」を使うことによって、地肌によけいな負担をかけずに、しっかりと『遊離脂肪酸』を洗い落とすことができます。昔から「油は油でしか落ちない」と言われています。脂肪を落とすために、洗浄力の強いシャンプー剤で洗いたくなりますが、弱っている地肌に洗浄力の強いシャンプーを使うとかえって炎症を悪化させてしまいます。

除菌

STEP2除菌シャンプー

除菌

除菌シャンプーで予洗いする

クレンジングが終わり、『遊離脂肪酸』が浮き上がってきたら、「除菌シャンプー」で予洗いシャンプーをします。「クレンジング」によって肌表面や毛穴から『遊離脂肪酸』が染み出してきます。この「遊離脂肪酸』を「除菌シャンプー」を使って、手洗いしましょう。
ただし、炎症で痛んでいる地肌には、決してゴシゴシと力任せに洗わないで下さい。優しく指の腹を使ってシャンプー剤を浸透させるように洗い流してください。

入浴シャンプー

STEP3入浴シャンプー

入浴シャンプー

アレルギー沐浴で地肌を保護する

最後に、クレンジング・除菌シャンプーによって傷つけた地肌を回復させるために「入浴シャンプー」を行います。「シャンプー」と聞くとだれもが、ゴシゴシ洗わなくてはと思い込むものです。しかし、ゴシゴシ力任せに洗えば、地肌は直ぐに痛んでしまいます。 そのため、お風呂に入浴する感覚の「入浴シャンプー」であれば、ゴシゴシこすらなくても汚れがしっかりと浮いてきます。やさしく・やさしくお湯を毛の中に浮かせて上げると言うような感覚で洗ってください。

この3ステップを脂でベタベタしている時には週に2回。ベタベタがよくなってきたら週に1回にしてみてください。けっこうベタベタでゴワゴワして「象の皮膚」ようになっていたところも、薄くて健康的な肌へと改善するだけでなく、赤みや痒みといった地肌の炎症も治ってきていると思います。

【カサカサ肌】
アレルギー性肌アレルギーについて

『傷ついた地肌』を修復することが重要

『皮膚炎症誘発物質』は遅延型アレルゲン

細菌やウイルスなどの病原菌や毒素となる物質の侵入を防ぐ『ムチンの層』が壊れ、溶けて薄くなり、最終的には所々穴が開いた状態になると『皮膚炎症誘発物質』の1つである『遅延型アレルゲン』が血管の中に入り、血液を介して地肌へと運ばれてしまいます。

遅延型アレルゲンがベタベタ肌(酸性肌)アレルギーの原因

地肌へ運ばれてきた『遅延型アレルゲン』は、地肌に炎症を起こさせ、アレルギー・アトピーを引き起こします。このタイプのアレルギーは、肌はパサパサし、白い粉のようなフケが一杯出ています。そして、膿を持った湿疹や円形の脱喪を伴った病変が全身に出るところが特徴です。

カサカサ肌(アルカリ性肌)の症状

  • 初期に背中にニキビのような湿疹と大きなフケが見られる
  • その後、眼の周り、肘から手先、膝から足先の毛が薄くなり、 赤味や痒みの症状が見られる
  • 最終的には、下腹部や肛門のまわり、足の裏にも症状がみられる

起こしやすい犬種

イタリアン・グレイハウンド、柴、シュナウザー、ダックスフント、チワワ、トイプードル、ミニチュア・ピンシャー(ミニピン)、パピヨン、フレンチブルドック、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア(ヨーキー)、ワイヤー・フォックステリアなどによく見られます。


カサカサ肌のシャンプー療法

最も重要なシャンプー療法は、このアレルギーを起こしている『遅延型アレルゲン』を除去するだけでなく、
傷ついた地肌を保護して回復させること。

STEP1除菌シャンプー

クレンジング

細菌を殺菌しながら汚れを洗い流す

アレルギーを起こしている原因物質である『遅延型アレルゲン』を洗い流すために「除菌シャンプー」を使います。この「除菌シャンプー」によって、しっかりと『遅延型アレルゲン』を染み出させることができ、カサカサ肌アレルギーから地肌を回復させることができます。ただし、炎症で痛んでいる地肌には、決してゴシゴシと力任せに洗わないで下さい。
優しく指の腹を使ってシャンプー剤を浸透させるように洗い流してください。

除菌

STEP2入浴シャンプー

除菌シャンプー

痛んだ地肌を回復させる

「除菌シャンプー」で洗った後は、傷ついている地肌を修復させるために、「入浴シャンプー」で保湿をします。「シャンプー」と聞くとだれもが、ゴシゴシ洗わなくてはと思い込むようです。しかし、ゴシゴシ力任せに洗えば、地肌はかえって酷くなってしまいます。これ以上傷つかないように、お風呂に入浴する感覚の入浴シャンプーであれば、ゴシゴシこすらなくても汚れがしっかりと浮いてきます。やさしくやさしくお湯を毛の中に浮かせて上げると言うような感覚で洗ってください。

入浴シャンプー

STEP3皮脂膜水

入浴シャンプー

キレイな皮脂の層を作り上げる

パサパサ(アルカリ性肌)アレルギーの子は『遅延型アレルゲン』のために地肌が傷ついていることが多いです。皮脂膜水は、イヌの皮脂膜と同じ成分でできているミスト剤です。このミストを特に患部吹き付けることで、傷ついた地肌を修復し、元の元気な肌へと改善させることができます。

入浴シャンプー

STEP4保湿オイル

入浴シャンプー

皮脂腺に脂肪酸を与える

健康的な地肌を作るためには『良質な脂肪酸』が必要となります。特に、このタイプのアレルギーでは、地肌に直接、良質な脂肪酸を与えることで『遅延型アレルゲン』の働きを抑えることができます。特に、ニキビ様の湿疹や円形の脱毛があるところは、この『良質な脂肪酸』が少なくなっています。このような場所には、しっかりと保湿オイルを滴下してください。

入浴シャンプー

STEP5肌保護パウダー

入浴シャンプー

アレルゲンの侵入を防く

健康的な地肌になれば、湿疹や脱毛などの症状は起こりません。シャンプーや食事、サプリメントでこの健康的な地肌を作り上げますが、2~3週間で元のようなキレイな地肌に戻るわけではありません。元気で正常な地肌に戻る間、花粉やハウスダストなどの外部からの二次的なアレルゲンや細菌の侵入を防ぐために肌保護パウダーで地肌を守ってあげてください。この肌保護パウダーを地肌に塗ることによって、肌の上に一枚薄い膜ができます。この薄いパウダーの膜がアレルゲンや細菌をキャッチして体内への侵入を防ぎます。

この3ステップを脂でベタベタしている時には週に2回。ベタベタがよくなってきたら週に1回にしてみてください。けっこうベタベタでゴワゴワして「象の皮膚」ようになっていたところも、薄くて健康的な肌へと改善するだけでなく、赤みや痒みといった地肌の炎症も治ってきていると思います。